絶対に陰でハゲと言わせない!デュタステリドのザガーロ効果

薄毛の原因や症状

この数年間、AGA発症の日本人の割合に変化は無いと考えられてますが、アンチエイジングが流行中の今に意識が高まり注目されてると共に頭皮に対し気にする人や、話題となる機会が増えて来ている為
AGAが増加していると思ってる方も多くいるようです。
約10年程前の調査によると薄毛関連に悩んでる男性方は20代約10%3,40代約40%、50代以上で約50%との調査結果が報告されており割合から見ると若年層の割合が意外に高いと考えられるのです。
又、ネットで男女約1万人を対象に行った調査結果では男女共に年齢を重ねる毎に抜け毛が気になる、との割合が増えている事が判明しました。
ただ毛が薄いと言っても様々な症状と原因があり大きく分けて3つ有り1つは、病気関連での脱毛2つ目はAGAと呼ばれる男性型脱毛症この症状は男性に一番多く見られるモノです。
最後3つ目ですが髪毛や頭皮等を傷めた事が原因となる症状です。
病が関連した脱毛の場合精神的な面から自分の毛を抜いてしまう抜毛症や疾患に伴っての抗がん薬の副作用で起こるもの等があり、これらの病気が原因である脱毛自体を治すには根本的な治癒が必要となります。
一方で、最近増えてるのが頭皮自体を傷めてしまう事による頭皮のカラーリングやワックスの使用等が抜毛に繋がるのです。
そして実は男性だけで無く女性も40、50代を境に薄毛が増えているのはご存知でしたか。
これには男性ホルモンの働きが関係しており、女性でも一定量の男性ホルモンが作られており閉経後には女性ホルモンの分泌量が如上に少なくなる為、閉経前に比べて体中の男性ホルモンの比率が高くなって来ます。
この事から頭頂部や前頭葉の細胞に毛の成長自体を抑制してしまうので女性でも薄毛が気になる方が多いのだそうです。
最近抜毛が増えたや髪の毛が無くなってきたと感じた方は先ず、自分の根原は何処にあるのかをしっかりと見極めたり、頭髪治療の専門医に診断してもうらのも1つの予防方法と言えるのでは無いでしょうか。